読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もけの日常

アニメとマンガについて書いていくブログです

【コミック】神さまの怨結び 2巻 感想

こんにちは!

急に暑くなってきましたね。

暑いのは嫌いではないですが、汗は嫌いです…。

 

ではでは、今回はこちらの漫画を紹介していきます!

 

f:id:toho_moko_keine_114:20160703234042j:image

 

『神さまの怨結び 2巻』

 

前回に引き続き、2巻の感想を書いていきます!

 

2巻からは蛇(くちなわ)を敵視する人物が現れます。

 

彼は被害者から蛇と外界を繋ぐ唯一の仲介人であるクビツリ(男主人公)を殺すことを計画しています。

 

しかし、まだまだ詳細は書かれていません。

 

 

そして、呪いの新たな事実が…!

 

相手を怨む、消し去りたいという意思が完全に消え失せる。

 

これを『呪い返し』と蛇は言い、呪いが蛇に返ってくるのです。

 

2巻の最後の『怨結び』を貰った女の子・知霧は消したい相手が沢山おり…。

 

呪いの『重ねがけ』をすることに…。

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20160704000205j:image

 

しかし、呪いには支払う『代償』が必要であり、一生誰とも結ばれない『代償』を支払っている知霧では発動するかはわからない…。

 

それでも呪いを授かった知霧。

 

結果的に呪いは発動した。

 

しかし、その『代償』はいったい何なのか…。

 

というところで2巻は終わりです。

 

呪いの重ねがけや蛇を敵視する人物などなど。

 

どうなってくるのですかね…。

呪いについては少しずつですが、解明されている感じがありますね。

 

今後の展開も楽しみです…。

 

次は最新刊の3巻の感想を書いていきたいと思います!

 

最後までおつきあいありがとうございました!