もけの日常

アニメとマンガとプログラミングと Twitter→@moketas0

【コミック】不死身からただの人間に…。『うらたろう』5巻【感想】

こんにちは。

 

漫画の新刊が出ないと定期更新って難しいですよね。

まだストックがあるので助かってます…。

 

では、今回紹介するのはこちら!

 

うらたろう 5巻

うらたろう 5 (ヤングジャンプコミックス)

 

『うらたろう』の5巻をご紹介!

5巻から新章開始!!!!!!

 

あらすじ

時代は、源平合戦で『平氏』が『源氏』に逆転大勝利したパラレル鎌倉時代
舞台は、現在より夜が暗く…妖魔蔓延(はびこ)る日本列島!!
不治の病(?)に侵された平家の姫は、「不死」を求める旅に出る。道中、出会ったのは…800年以上生きているという不死身の男だった。しかし男は生き過ぎたせいか(?)人生に悲観し自殺を繰り返す引き篭もり。「生きたい!」と願う元気娘。「死にたい!」と願う厭世家。対照的で似た者同士。そんな二人は生・逝きる為、生と死の境界であるという西の伝説「黄泉比良坂」へと向うことになるのだが!!?
鬼才・中山敦支が贈る不死鬼(ふしぎ)と不治姫(ふしぎ)のデス・ロードッ!

週刊ヤングジャンプ公式サイト 

 

5巻感想

ネタバレ含みますのでご注意を!

 

さて、あらすじを読んでいただいたと思いますが…。

もうあらすじ関係ないです。

 

4巻を読んでわかっていると思いますが。

 

妖怪王の誕生。

その母体となった、ちよが死ぬ。

そして不死身だった温羅太郎が人間になる。

といった内容でしたね。

 

5巻では…。

 

f:id:toho_moko_keine_114:20170922235246j:image

 

……あれ?

…誰ですか?

はい、生きることの素晴らしさを感じるようになった温羅太郎です。

 

生きることの素晴らしさを知った温羅太郎の目的は。

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20170922235256j:image

 

バラバラになったちよの7つの遺体を集めて生き返らせる。

といった目的でした。

ちよの頭を持っている温羅太郎は、残りの6つの部位を探していきます。

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20170922235302j:image

 

そして、新キャラの「もがり」がでてきます!

ちよの遺体が高く売れる!!と思ったもがりは、

温羅太郎の仲間?としてついていくことに…。

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20170922235320j:image

 

5巻の後半では。

ちよの兄を名乗る、「平六代」がでてきます。

平六代は、ちよの右腕を持っており、

死体は僕を裏切らない。

ちよは死んでいるから最高にかわいい。

といったクレイジーなやつです。

 

二人の戦いは……平六代勝利!!

平六代はちよの頭を温羅太郎から奪おうとすると…。

偶然にも、ちよの頭が転がり、温羅太郎の元へ。

 

それを、拒まれたように感じた平六代

狂って意気消沈し、再度迎えにくることをちよに伝え、撤退します。

 

そして、自分を選んでくれたと思った温羅太郎。

感動で、喜びで、涙を流して5巻は完結…。

 

 

あとがき

4巻からどういう展開になるのかなー…と思っていたら。

温羅太郎の変わりっぷりに…w

生き返らせることができた後の、

ちよとの関わり方とか気になりますよね。

 

ではでは、今回はここまで。

最後までお付き合いありがとうございました。