もけの日常

アニメとマンガとプログラミングと Twitter→@moketas0

【コミック】”神”と称えられた兵士たちの末路…!『かつて神だった獣たちへ』1巻【感想】

こんにちは。

秋服が欲しくなってきた季節ですね。

 

今回は、

めいびい先生の…。

 

かつて神だった獣たちへ 1巻

かつて神だった獣たちへ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

『かつて神だった獣たちへ』の1巻をご紹介です!

 

あらすじ

絶望の森を、慟哭の荒野を悲痛の海を、幽冥の時間の中を狼は歩く。かつての戦友を殺すために‥‥。異形の者たちを狩り続ける、終わりのない暴力の旅路。『黄昏乙女×アムネジア』のめいびいが描く、傑作ダークファンタジー。

 

マガメガ MAGAMEGA

 

1巻感想

『擬神兵』

人の姿と引き換えに、神とも喩えられる力を持つ異形の兵士たち。

彼らの力によって戦乱は和平に導かれた…。

 

『獣狩りの男』

その擬神兵を殺していく男である

『獣狩りの男』の正体とは…!

擬神兵部隊の隊長だったハンク!

 

「心無くした者は仲間の手で葬る」

部隊の約束を胸に、道を踏み外した仲間たちをハンクは殺していく…。

 

そして、『獣狩りの男』に父を殺された少女シャールは

父が殺された意味を知るためにハンクについていく!

 

1巻で登場する擬神兵たちは…!!

肥大化する肉体を持つ兵士。

擬神兵「スプリガン

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20171009214814j:image

 

器用な手先に怪力を併せ持つ、築城のスペシャリスト。

擬神兵「ミノタウロス

 

f:id:toho_moko_keine_114:20171009214817j:image 

 

巨体であり、傷を負った箇所がより硬く再生する性質を持つ。

擬神兵「ベヒモス

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20171009214900j:image

 

そして、隊長であるハンクも…。

夜の間にだけ真の力を発揮する稀有な特性。

擬神兵「ウェアウルフ

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20171009214906j:image

 

そして1巻の最後では、

擬神兵部隊の副隊長。

この世界に獣を解き放った男。

「ケイン・マッドハウス」が…!!

 

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20171009214918j:image

 

 

あとがき

擬神兵のビジュアルがとてつもなくかっこいい…!!

ミノタウロスとかすごくかっこいいですよね…。

 

展開もサクサク進むのでよいです…。

 

現在は6巻まででてます!

少しずつ集めていこうかと…。

 

ではでは、今回はここまで。

最後までお付き合いありがとうございました。