もけの日常

アニメとマンガとプログラミングと Twitter→@moketas0

【コミック】オススメの透明ブックカバーと!その巻き方!

こんにちは。

 

本を買うときにブックカバーをもらえたりしますよね。

 

そんなブックカバーでも、

今日は透明なブックカバーのオススメのものと…。

その巻き方をお教えします!!

 

オススメブックカバー

ずばり、ミエミエシリーズです!!

そして…マットタイプ!!

ミエミエ マットタイプ ブックカバー 小B6 15枚入ミエミエ マットタイプ ブックカバー 新書コミック 15枚入

 

マットタイプは普通の透明のブックカバーと違い、

高級感が漂ってきます…。

 

なんといっても、さわり心地が最高なんです…。

漫画喫茶以上です!

 

ただ、マットタイプはA5サイズと文庫サイズがないのが悲しいです…。

ブックカバーをする理由

なんといってもマットタイプなら読みやすい…!

手に持っててもベタベタしませんね。

 

帯の保存ができる。

これも、たまに帯を見返すとおもしろいんですよね…。

 

あとは表紙のずれ防止!!

読んでいるときにずれてくるとイラッとしますよね…。

 

マットタイプは収納するとき、スッ…と入ってくるので気持ちがよいです…。

 

透明ブックカバーの巻き方

さて、ここからはブックカバーの巻き方をご紹介します!

といってもミエミエシリーズには表紙に書いてあるので

書いてあるとおりにやれば簡単にできます!

 

 f:id:toho_moko_keine_114:20170919222028j:image

 

本のサイズとブックカバーのサイズ

文庫:ライトノベルとか

新書:週刊系統は大体このサイズ

B6:新書よりも少し大きめ、角川とかスクエニとか

A5:結構大きい、文庫2冊分とか…?

 

f:id:toho_moko_keine_114:20170919222035j:image

 

A5:B6:新書:文庫 

の並びです!

 

ブックカバーは表紙がヨレヨレになるのも防いでくれますし、

なかなかに良いものですよ…。

 

ただし!!!

表紙カバー裏の描き下ろしなどがある場合は、

ブックカバーをする前に見ておきましょう!!

 

カバーをした後でも、ちょっと強引にやれば見ることもできますが…。

 

さてさて、今回はここまでに。

最後までお付き合いありがとうございました。